【チェックシートとは】記録用、点検用、Excel・Wordテンプレート

チェックシートとは?記録用、点検用、Excel・Wordテンプレートについてまとめました。

【チェックシートとは】違い

チェックシートとは、あらかじめ決めた項目を簡単にチェックできるシートのことです。
事実を確認したり、項目別の情報を簡単に取得できます。
誰でも、短時間で間違わずにチェックし、集計できるのが大きな利点です。

【種類】記録用チェックシート、点検用チェックシート

チェックシートには主に以下の2種類があります。

種別 概要
記録用チェックシート データをいくつかの項目別に分類し、マーキングできるようにした表または図です。データの記録として使用し、記録が終わったら全体的にどの項目に集中しているのか一目で把握できます。
点検用チェックシート 確認しておきたい項目を書きならべた表です。仕事の確認項目などを記載しチェックすることで、事故や間違いを防止することができます。

【利用用途】

概要
1 データの記録
2 不良や欠点の発生状況などの記録、原因調査
3 作業点検(機械整備など)
4 安全点検(不良・事故の予防など)

【作成方法】記録用チェックシート

① 取り上げるデータと分類項目を決めます。
特性要因図の特性がデータ、要因が分類項目になります。
③ 記録するための形式(表か図か)を決めます。
④ データをマーキングします。

【作成方法】点検用チェックシート

① 点検すべき項目を順序別に書きならべます。

② 点検すべき項目を「機械」「工程」「人」などで層別します。

おすすめ記事
1 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
2 【OR・IEとは】線形計画法、ゲーム理論、品質管理手法など
関連記事