【クライアントサーバシステムとは】3層、Webシステムの例

クライアントサーバシステムとは?3層やWebシステムの例について解説します。

【はじめに】クライアントサーバシステムとは

クライアントサーバシステム(client-server system:C/S)とは、クライアントとサーバに分離したコンピュータネットワークの形態です。
クライアントサーバシステムを「プレゼンテーション層」「ファンクション層」「データ層」の3層に分離したモデルを3層クライアントサーバシステムといいます。

【Webシステム】3層クライアントシステム

3層クライアントシステムで構成されたWebシステムの場合、「プレゼンテーション層」「ファンクション層」「データ層」は具体的に以下のようになります。

概要
プレゼンテーション層 Webブラウザ(ユーザの入出力)
ファンクション層 Webサーバ(業務処理に依存するデータ加工)
データ層 DBMS、データベース(データベース処理)

また、Webシステムの動作の流れは次のようになります。

動作内容
1 ブラウザで利用者の入力をWebサーバに送信します(HTTPリクエスト)。
2 WebサーバでHTTPリクエスト)を処理します。また、データの読み書きをデータベース(DBMS)に要求する。
3 DBMSはデータベースにアクセスし、結果をWebサーバに返します。
4 WebサーバではDBMSから得られた結果に応じてHTMLページを構成し、付加情報とともにクライアントに返信します(HTTP応答)。
5 ブラウザはWebサーバからのHTTP応答から結果を画面に出力します。
おすすめ記事
関連 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
関連記事