【ヒューマンインタフェース技術】インフォメーションアーキテクチャ、GUI、音声認識

ヒューマンインタフェース技術とは?インフォメーションアーキテクチャ、GUI、音声認識などについてまとめました。

【インフォメーションアーキテクチャ】

インターフェースの種類 概要
感性インタフェース 人間の感性にマッチしたインタフェースを構築する技術です。
自然言語インタフェース 人間同士の会話のように自然言語を用いてコンピュータとの対話を行うインタフェース技術です。
ノンバーバルインタフェース 言葉以外の情報(身振りや表情、視線など)で対話を行う非言語のインタフェース技術です。(バーバル:verbal:口頭)
マルチモーダルインタフェース 複数の情報伝達チャネル(視覚・触覚・聴覚など)を併用して対話を行うインタフェース技術です。(例:バーチャルリアリティVRなど)

【GUI】

【音声認識】

【画像認識】

【動画認識】

【特徴抽出】

【学習機能】

【インタラクティブシステム】

【ユーザビリティ】ユーザビリティ評価

項目 説明
ユーザビリティ評価 有効性、効率、満足度の3つの指標で評価する必要があります。有効さや効率性などは他の手法でも評価が可能ですが、満足度だけは実際に操作を行ったユーザへの聞き取り調査でしか知ることができません。つまり、満足度に対する評価には、利用者へのインタビューやアンケート調査などを行うことが多い。
ヒューリスティック評価 複数の専門家が、設計仕様書や紙のプロトタイプを見ながら、既知の経験則に照らし合わせて問題点を明らかにする手法です。ヒューリスティックとは「経験則」の意で、専門家の経験則を基準にします。
ユーザビリティテスト 数人の被験者がタスクを実行する過程を観察し、被験者の行動、発話からユーザーインタフェース上の問題点を発見する評価手法。
ログデータ分析法 被験者の操作ログから、利用パターンを分析しユーザビリティ問題を明らかにする評価手法です。

【アクセシビリティ】

【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
情報処理の基礎知識(テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系)や資格試験についてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました