【ヒューマンインタフェース技術】インフォメーションアーキテクチャ、GUI、音声認識

ヒューマンインタフェース技術とは?インフォメーションアーキテクチャ、GUI、音声認識などについてまとめました。

【インフォメーションアーキテクチャ】

インターフェースの種類 概要
感性インタフェース 人間の感性にマッチしたインタフェースを構築する技術です。
自然言語インタフェース 人間同士の会話のように自然言語を用いてコンピュータとの対話を行うインタフェース技術です。
ノンバーバルインタフェース 言葉以外の情報(身振りや表情、視線など)で対話を行う非言語のインタフェース技術です。(バーバル:verbal:口頭)
マルチモーダルインタフェース 複数の情報伝達チャネル(視覚・触覚・聴覚など)を併用して対話を行うインタフェース技術です。(例:バーチャルリアリティVRなど)

【GUI】

【音声認識】

【画像認識】

【動画認識】

【特徴抽出】

【学習機能】

【インタラクティブシステム】

【ユーザビリティ】

【アクセシビリティ】

おすすめ記事
1 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
2 【OR・IEとは】線形計画法、ゲーム理論、品質管理手法など
関連記事