【知的財産権】著作権法、産業財産権法、不正競争防止法など

知的財産権とは?著作権法、産業財産権法、不正競争防止法などについてまとめました。

【著作権法】

著作権は、著作物の利用を許諾したり禁止する「著作権(財産権)」と、著作者の人格的利益を保護する「著作者人格権」から構成されます。
著作者人格権には、公表権・氏名表示権・同一性保持権が含まれます。

著作者人格権の構成
公表権 未公表の著作物を公表するかどうか等を決定する権利
氏名表示権 著作物に著作者名を付すかどうか、付す場合に名義をどうするかを決定する権利
同一性保持権 著作物の内容や題号を著作者の意に反して改変されない権利

【産業財産権法】

【特許】ビジネスモデル特許

用語 説明
ビジネスモデル特許 特許のうち、コンピュータ・ソフトウェアを使った「ビジネス方法に係る発明」に与えられる特許で、特許法の保護対象となる。従来の技術を他に転用したり(別の分野への転用)、それらを組合わせて特定分野に対応させるなど、技術的に困難性がない場合は認められない。

【不正競争防止法】営業秘密

不正競争防止法は、事業者間の公正な競争と国際約束の的確な実施を確保するため、不正競争の防止を目的として設けられた法律です。以下の16つの行為を不正競争としています。

1 周知な表示を使用して混同を生じさせる行為(第1号)
2 他人の著名な商品等表示の冒用する行為(第2号)
3 他人の商品の形態を模倣した商品を譲渡等する行為(第3号)
4 営業秘密に係る不正行為(第4号~第10号)
5 技術的制限手段に対する不正行為(第11号、第12号)
6 ドメイン名に係る不正行為(第13号)
7 誤認惹起行為(第14号)
8 信用毀損行為(第15号)
9 代理人等の商標冒用行為(第16号)
おすすめ記事
1 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
2 【OR・IEとは】線形計画法、ゲーム理論、品質管理手法など

コメント

タイトルとURLをコピーしました