【メモリ】種類と特徴、構成と記憶階層など

メモリ(種類と特徴、構成と記憶階層など)について解説します。

【メモリの種類と特徴】

種別 概要
揮発性メモリ 電源を切ると記憶情報が失われてしまうメモリです。DRAM、SRAM、EPROMなどの種類があります。
不揮発性メモリ 電源を切っても記憶情報が保持されるメモリです。
DRAM ●コンピュータの主記憶に使用される揮発性メモリです(Dynamic RAMの略)。
SRAM ●DRAMよりも高速に動作し、キャッシュメモリに使用される揮発性メモリです(Static RAMの略)。メモリセルはフリップフロップで構成されています。フリップフロップ回路は、2つの安定状態をもつことで1ビットの状態を表現することが可能な順序回路で、キャッシュメモリを構成するSRAMの記憶セルに使用されています。
フラッシュメモリ ■外部記憶装置に使用される不揮発性メモリです。「書き換え可能」「電気的に消去・書込みが可能」という特徴もあり、USBメモリやSDカードなどに広く普及しています。
マスクROM 記憶されている情報を書き換えできない、読み出し専用の不揮発性のメモリです。システムのファームウェアなど、機器に重大な影響を及ぼす可能性のあるデータを保存する場合に、書き換えられる恐れの無いマスクROMが用いられます。
FRAM 強誘電体のヒステリシス(履歴効果)に因る正負の残留分極(自発分極)をデジタルデータの1と0に対応させた不揮発性メモリです(強誘電体メモリ:Ferroelectric Random Access Memoryの略)。強誘電体膜の分極反転時間は1ns以下でDRAM並みの高速動作が期待されています。
SDカード 携帯電話やスマートフォン、ディジタルカメラやゲーム機などの記憶装置として利用されるメモリカードの規格の1つです。

SDカードの種類

規格 SD SDHC SDXC
ファイルシステム FAT16 FAT32 exFAT
最大容量 2GB 32GB 2TB
著作権保護 CPRM CPRM CPXM
カードサイズ 3種類(標準、mini、micro) 3種類(標準、mini、micro) 2種類(標準、micro)

【メモリシステムの構成と記憶階層】キャッシュ、主記憶、補助記憶

【メモリの容量と性能】

【記録媒体の種類と特徴】

【高速化手法】メモリインタリーブ、キャッシュメモリ

種別 概要
メモリインタリーブ メモリアクセス高速化手法の1つです。物理上1つである主記憶領域を、論理的な複数の領域(バンク)に分けて並列アクセス(各グループに交互にアクセス)することで見かけ上のアクセス時間を短縮します。
ディスクキャッシュ CPUと磁気ディスク装置との聞に半導体メモリによるデータバッファを設けて、磁気ディスクアクセスを高速化します。
キャッシュメモリ 主記憶のデータの一部をキャッシュメモリにコピーし、 CPUと主記憶とのアクセス速度のギャップを埋めてメモリアクセスを高速化します。
おすすめ記事
関連 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
関連記事