【プロセッサ】種類、構成・動作原理、割込み、性能と特性など

プロセッサの種類、構成・動作原理、割込み、性能と特性などについて解説します。

【コンピュータ及びプロセッサの種類】

プロセッサ (processor) とは、ソフトウェアプログラムに記述された命令セットを実行するためのハードウェアです。
演算装置、命令や情報を格納するレジスタ、周辺回路などから構成されます。

【構成・動作原理】

【割込み】

【性能と特性】

項目 概要
クロック周波数 回路が処理の歩調をあわせるために用いる信号が、1秒間に何回発生するかを示す値です。クロック数ともいいます。1秒間にクロックが100個あれば動作周波数は100[Hz]となり、1クロックが0.01秒間で発生したことになります。クロック周波数の値が高いほど、多くの処理を同一時間内にこなすことができ、処理性能が高さを表します。
MIPS CPUが1秒間に実行可能な命令数を百万単位で表したものです(Million Instructions Per Secondの略)。

【構造と方式】

【RISCとCISC】

【命令とアドレッシング】

【マルチコアプロセッサ】

おすすめ記事
関連 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
関連記事