【セキュリティ関連法規とは】サイバーセキュリティ基本法、不正アクセス禁止法、刑法(ウイルス作成罪ほか)

セキュリティ関連法規とは?サイバーセキュリティ基本法、不正アクセス禁止法、刑法(ウイルス作成罪ほか)、個人情報保護法、特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン、プロバイダ責任制限法、特定電子メール法、コンピュータ不正アクセス対策基準、コンピュータウイルス対策基準などについてまとめました。

## 【サイバーセキュリティ基本法】

## 【不正アクセス禁止法】

## 【刑法(ウイルス作成罪ほか)】

用語 説明
電子計算機使用詐欺罪 財産の得失に関係するディジタルデータに変更を与える犯罪行為で、次の2種類が処罰対象です。
①業務に使用される他人のコンピュータに偽の情報や指令を与えて、金銭的データを増減させる行為(金融システムの預金残高の不正操作など)。
②財産権に関わる偽のデータを他人のコンピュータで使用する行為(偽装したキャッシュカードの使用など)。
電子計算機損壊等業務妨害罪 他人のコンピューターやその電磁的記録の損壊、不正な指令などで業務を妨害する罪(企業のWebページを改変し、企業の信用を傷つけるなど)。

## 【個人情報保護法】

用語 説明
個人情報 生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの。「構成する文字列やドメイン名によって特定の個人を識別できるメールアドレス」は個人情報に該当します。個人情報保護法では、新聞やWebサイト等で既に公表されている、されていないに関わらず、保護の対象としています。一方、法人名等、法人その他の団体の情報は「個人情報」に該当しません。

## 【特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン】

## 【プロバイダ責任制限法】

## 【特定電子メール法】

## 【コンピュータ不正アクセス対策基準】

## 【コンピュータウイルス対策基準】

関連記事
1 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
2 【開発ツール】設計ツール、構築ツール、テストツール
コンピュータ
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました