【システム化計画】システム化構想、要員教育計画、開発投資対効果

システム化計画とは?システム化構想、要員教育計画、開発投資対効果などについて解説します。

【はじめに】システム化計画とは

システム化計画とは、情報システム開発・導入における初期の工程の一つです。
システム化する業務の内容を分析し、基本方針(必要となる情報システムの形態、開発・導入の進め方など)を策定します。

【システム化構想】

【全体開発スケジュール】

【要員教育計画】

教育・訓練の基本要件、教育訓練体制、スケジュール、対象者を考慮に入れて、要員教育計画を検討します。

【開発投資対効果】

【投資の意思決定法】PBP、DCF法、NPV

情報システムへの投資を決定する手法として「PBP法」「DCF法」などがあります。

【ITポートフォリオ】

ITポートフォリオとは、IT関連(情報システムなど)へ投資を行う際に、対象をその特性の種類によって分類し、企業戦略などに沿って投資額の配分を調整する手法です。

【システムライフサイクル】

【情報システム導入リスク分析 】

リスク分析の対象、リスクの発生頻度・影響・範囲、リスクの種類に応じた損害内容と損害額、 リスク対策(リスク回避、損失予防、損失軽減、リスク分離、リスク移転、リスク保有など)、財産損失、責任損失、純収益損失、人的損失、リスク測定などを考慮し、 情報システムの導入に伴うリスクの種類や大きさの分析を行います。

おすすめ記事
関連 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
関連記事