【耐震試験】NEBS規格(Zone4)、NTT耐震規格、NTTファシリティーズ耐震試験規格の違い

NEBS規格、NTT耐震規格、NTTファシリティーズ耐震試験規格の違いについてまとめました。

## 主な耐震規格

主な耐震規格として「NEBS規格」「NTT耐震規格」「NTTファシリティーズ耐震試験規格」があります。
いずれも地震が発生したときの「建物床応答波」を模した耐震試験です。
NTTという名前からみても分かる通り、元々は地震が発生した際に、屋内に設置されているラックサイズの通信機器の耐震強度を測るためにできた規格です。
今では、蓄電池システムなどの通信機器以外に対する耐震試験でも使われています。

## 主な違い

「NEBS規格」「NTT耐震規格」「NTTファシリティーズ耐震試験規格」の主な違いは次の通りです。

項目 NEBS規格
GR-63-CORE
NTT耐震規格 NTTファシリティーズ耐震試験規格
加揺波持続時間 約30秒 約40秒 約40秒
加揺比率 水平:上下=1:1 水平:上下=1:0.5 水平:上下=1:1
加揺方法 1方向ずつ加揺 3軸同時加揺 3軸同時加揺
最大加速度 Zone1,2:約7.5[m/s2]
Zone3:約11[m/s2]
Zone4:約16[m/s2]
約12[m/s2] 約12[m/s2]
評価ランク 5段階評価(ZONE0~4)
※各ZONEでさらに3段階耐震
3段階評価(震度5強<震度6強<震度7) 5段階評価(R04<R06<R08<R10<R12)
主な対象 通信機器 通信機器 IDC機器

## 試験動画

■NEBS規格(Zone4)

参考文献・関連ページ
参考 規格や固定方法がいろいろある地震対策通信機器に対する耐震評価基準に関する調査報告
1 【電池入門】基本原理・アルゴリズム
2 電気・電子回路入門
材料力学
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました