【ネットワーク】通信プロトコル

ネットワークにおける「通信プロトコル」について解説します。

【プロトコルとインタフェース】

用語 概要
ARP IPアドレスからMACアドレスを取得するプロトコルです。(Address Resolution Protocol)
TCP IPネットワークにおける誤り制御のためのプロトコルです。(Transmission Control Protocol)。通信の信頼性を確保するために、コネクション確立、再送処理、輻輳処理などの様々な仕組みが取り入れられおり、その分だけ通信のオーバヘッドは増加してしまいます。
UDP トランスポート層のプロトコルであり,信頼性よりもリアルタイム性が重視されます。リアルタイム性が重視される音声や画像のストリーム配信、および、DNS、DHCP、NTPなどのアプリケーション層プロトコルで用いられています。
RIP ゲートウェイ間のホップ数によってルーティングを決めるプロトコルです。(Routing Information Protocol)
DHCP 端末に対して動的にIPアドレスを割り当てるプロトコルです。(Dynamic Host Configuration Protocol)
NTP ネットワーク接続されている各種機器のシステム時計を正しい時刻(協定世界時:UTC)へ同期するための通信プロトコルです。(Network Time Protocol)ルーターやスイッチだけでなく、サーバーやクライアントPCでも使用できます。
HTTP Hypertext Transfer Protocolの略。アプリケーション層のプロトコルです。
IP Internet Protocolの略。ネットワーク層のプロトコルです。
IPsec IP(Internet Protocol)を拡張してセキュリティを高めたプロトコルで、改ざんの検知、通信データの暗号化、送信元の認証などの機能をOSI基本参照モデルのネットワーク層レベル(TCP/IPモデルではIP層)で提供します。IPsecを用いれば上層のアプリケーションに依存せずに暗号化通信を行えるため、VPNの構築に利用されます。認証、暗号化、鍵交換などの複数のプロトコルを含みます。そのうち、認証を担うプロトコルがAH(Authentication Header)、認証と暗号化を担うプロトコルがESP(Encapsulated Security Payload)です。
S/MIME Secure MIMEの略。公開鍵暗号技術を使用して「認証」「改ざん検出」「暗号化」などの機能を電子メールソフトに提供する規格です。
SSH Secure Shellの略。公開鍵暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコルです。
XML暗号 XML暗号は、XML文書の一部分を暗号化するための規格です。
PPP Point-to-Point Protocolの略。電話回線を通じてコンピュータをネットワークに接続するダイヤルアップ接続でよく使われる、2点間を接続してデータ通信を行うための通信プロトコルです。

【TCP/IP】

用語 概要
ブロードキャスト 同じネットワーク上にある全ての機器に同時に同じデータを送信します。
ポート番号 TCP/IP通信において、コンピュータが通信に使用するプログラムを識別するための16ビットの数値で 0~65535 が指定可能です。TCP/IPでは、IPアドレスでネットワーク上のノードを一意に識別しますが、そのノードで稼働しているどのプロセス(プログラム)にデータを送るか、又はどのプロセスから送出されたのかはIPアドレスだけでは判断できません。パケットを受け取ったノードは、TCP/UDPヘッダ内のポート番号を確認することで、受信したデータを受け渡すプロセスを決定しています。IPアドレスとポート番号の関係は「建物の住所」と「部屋番号」の関係に似ていて、両者が揃うことで正しい宛先に届けることができます。PCのポート番号が”50001″、Webサーバのポート番号が”80″ならば、HTTPレスポンスを送信元PCのプロセスに届けるためには、宛先ポート番号に”50001″、及び送信元ポート番号としてHTTP通信を受け付けているポート番号”80″を指定します。

【HDLC】

【CORBA】

【HTTP】

【DNS】

【SOAP】

【IPv6】

【シリアル通信】Modbus

種別 概要
Modbus Modicon社がPLC (プログラマブルロジックコントローラ) 用途に開発したシリアル通信プロトコルです。 通信方式はマスタ・スレーブ方式で、マスターからのクエリー(通信の開始)とスレーブからの応答メッセージで通信します。このように、通信プロトコルは規定されていますが、物理レイヤ(RS-232-C、RS-485、イーサネットなどの通信媒体)は規定されています。
おすすめ記事
1 【ネットワーク】データ通信と制御
2 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
ネットワーク
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました