【ネットワーク】データ通信と制御

ネットワークにおける「データ通信と制御」について解説します。

【伝送方式と回線】

【LAN間接続装置】

装置名 概要
ゲートウェイ SI基本参照モデルの全階層(主に4層:トランスポート層より上)でプロトコルの異なるネットワーク同士を接続する役割を持つ装置です。
ルータ ネットワーク層で接続し、通過するパケットのIPアドレスを見てパケットを最適な経路に中継する通信装置です。
ブリッジ OSI基本参照モデルのデータリンク層で接続し、通過するパケットのMACアドレスを見てパケットを送信ポートを判断する装置です。
リピータ 物理層での接続し、データ伝送中に弱くなった電気信号を増幅することで、データの伝送可能距離を延長するLAN間接続装置です。
スイッチングハブ OSI基本参照モデルのデータリンク層で接続し、通過するパケットのMACアドレスを確認し、宛先MACアドレスが存在するLANポートだけにパケットを送信します。ブリッジがソフトウェアで宛先制御を行うのに対して、スイッチングハブはハードウェア機構によって宛先制御を行うためより高速に動作します。
ブリッジ データリンク層に位置し、ネットワークに流れるフレーム(パケット)のMACアドレスを認識して通信を中継する装置です。

【回線接続装置】

用語 概要
ONU ONU(光回線終端装置)とは、光通信ネットワークの終端に設置される装置です。光信号とデジタル信号(電気信号)の相互変換を行っています。
モデム コンピュータをアナログ電話回線(ADSLなど)に接続するための装置です。モデム内では、デジタル信号とアナログ信号の相互変換を行っています。
ルータ ネットワークにおいて、コンピュータ等から送られたデータを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する装置です。ルーターを接続すると複数のコンピュータが同時にネットと接続することができ、N対Nの通信ができます。(モデムはONUや1対1でしか通信できない)また、ルーターに接続されている端末同士も通信できるようになります。
ルーター・モデム・ONUの違いと関係
DSU DSU(Digital Service Unit)とは、ISDN回線で加入者側に置かれる回線終端装置です。「デジタル回線終端装置」という意味で、通信機器を回線網に接続できるようにします。
TA ターミナルアダプタとは、ISDN回線の終端に接続する装置です。コンピュータや電話機、FAX等をISDN回線に接続できるようします。
ケーブル等 SDIケーブルとは同軸ケーブルBNC型コネクタN型コネクタメタルケーブルPoE

【電力線通信(PLC)】

【OSI基本参照モデル】

【メディアアクセス制御(MAC)】

【データリンク制御】

【ルーティング制御】

用語 概要
VLAN 1つのLANを物理的な構成に関係なく仮想的にグループ化できる機能です。

【フロー制御】

おすすめ記事
1 【ネットワーク】データ通信と制御
2 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
ネットワーク
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました