【VBA】MsgBox(ダイアログボックス)に変数を表示

ExcelのVBA(マクロ)で、MsgBox(ダイアログボックス)に変数を表示させる方法についてまとめました。

MsgBox(ダイアログボックス)に変数を表示

VBA(マクロ)では、MsgBox(ダイアログボックス)に変数の値を表示させることができます。

書式
変数だけ表示させる場合 MsgBox 変数名
変数と文字列を表示させる場合 MsgBox 文字列 & 変数 & 文字列

動画解説

本ページの内容は以下動画でも解説しています。

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

Sub Test()
    ' 変数の宣言・代入
    Dim x As Long
    x = 1
    
    ' ダイアログボックスに変数「1」と表示
    MsgBox x '
    
    '「変数の値は1です」と表示
    MsgBox "変数の値は" & x & "です" 

End Sub

ダイアログボックスにメッセージを表示

VBA(マクロ)では、MsgBoxで、ダイアログボックスにメッセージを表示させることができます。

書式

ダイアログに「メッセージ」「タイトル」「ボタン」を表示します。

Dim button As Integer
button = MsgBox (表示文字列, ボタンの種類, タイトル文字列)

Integer型の変数buttonには、ダイアログのどのボタンが押されたかの値が格納されます。

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

Sub Test()
    Dim button As Integer

    button = MsgBox("ダイアログテスト", vbOKOnly, "タイトル")

    MsgBox button
End Sub
【VBA】MsgBox(ダイアログボックス)にメッセージを表示
ExcelのVBA(マクロ)で、MsgBox(ダイアログボックス)にメッセージを表示させる方法についてまとめました。
【VBA入門】Excelマクロで仕事・作業を自動化
VBA入(Excelマクロ)で様々な処理を自動化する方法をサンプルコード付きで入門者向けにまとめました。
Excel/VBA
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました