【Python】オーディオデバイスのインデックス番号を一覧取得

Pythonと標準モジュールpyaudioを用いて、オーディオデバイスのインデックス番号を一覧取得する方法をソースコード付きで解説します。

オーディオデバイスのインデックス番号を一覧取得

Pythonでは、標準モジュールpyaudioを用いることで簡単に音声デバイス(マイク)を操作できます。
今回は、オーディオデバイスのインデックス番号を一覧取得してみました。
(※インデックス番号は、どのオーディオデバイスを操作したいか選択するのに必要)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*
import pyaudio
import wave 

def main():
    audio = pyaudio.PyAudio()

    # 音声デバイス毎のインデックス番号を一覧表示
    for x in range(0, audio.get_device_count()): 
        print(audio.get_device_info_by_index(x))

if __name__ == '__main__':
    main()

実行例

{'index': 0, 'structVersion': 2, 'name': 'Microsoft サウンド マッパー - Input', 'hostApi': 0, 'maxInputChannels': 2, 'maxOutputChannels': 0, 'defaultLowInputLatency': 0.09, 'defaultLowOutputLatency': 0.09, 'defaultHighInputLatency': 0.18, 'defaultHighOutputLatency': 0.18, 'defaultSampleRate': 44100.0}
{'index': 1, 'structVersion': 2, 'name': 'マイク配列 (Realtek High Definition ', 'hostApi': 0, 'maxInputChannels': 2, 'maxOutputChannels': 0, 'defaultLowInputLatency': 0.09, 'defaultLowOutputLatency': 0.09, 'defaultHighInputLatency': 0.18, 'defaultHighOutputLatency': 0.18, 'defaultSampleRate': 44100.
関連記事
1 【Python】音声・信号処理入門
2 Python入門 基本文法
関連記事