【ARPとは】MACアドレスからIPアドレスを取得する仕組み

ARPとは?主な機能についてまとめました。

スポンサーリンク

ARPとは

ARP(Address Resolution Protocol)とは、IPアドレスからMACアドレスを取得するデータリンク層のプロトコルです。。
データリンク層のプロトコルなのでつまりルータを超えた(異なるネットワークセグメント)にある端末からはMACアドレスを取得できません。

スポンサーリンク

ARPでMACアドレスからIPアドレスを取得する流れ

ARPでMACアドレスからIPアドレスを取得する流れは以下のとおり。

① 自身のARPテーブルに、指定されたIPアドレスに対応するMACアドレスが記録されているか確認。

② 記録されていた場合、そのMACアドレスを利用。記録されていない場合、ARP要求をブロードキャストし、指定のIPアドレスを保持しているホストに返答を求める。

③ ARP要求で指定されたIPアドレスを保持しているホストは、ARP要求の送信元にARP応答をユニキャストで送信。

④ ARP要求の送信元は、ARP応答の送信元MACアドレスを参照し、指定したIPアドレスに対応するMACアドレスを取得。
同時に自身のARPテーブルに、そのMACアドレスとIPアドレスの組み合わせを記録し、一定時間保存する。

【通信プロトコルとは】インタフェース、TCP/IP、HDLC、CORBA、HTTP、DNS、SOAP、IPv6、シリアル通信
ネットワークにおける「通信プロトコル」とは?プロトコルとインタフェース、TCP/IP、HDLC、CORBA、HTTP、DNS、SOAP、IPv6、シリアル通信についてまとめました。
【情報処理入門】用語解説・資格試験対策まとめ
情報処理分野の用語・原理・資格試験対策について解説します。
コンピュータ
スポンサーリンク
西住工房

コメント