【旧型CANUSB】Windows10で使う方法(ドライバのインストール等)

旧型CANUSBをWindows10で使う方法(ドライバのインストール等)をまとめました。

【基本操作】CANUSBへの接続~通信をモニタ

CANUSBは、数種類あり、旧型(初期版など)CANUSBは、ドライバをインストールしてもUSB PIDを6001に変更しないとWindows10で使用できません。
(※本体の黄色いラベルに記載されているシリアルNoの先頭に+マークがないものは、初期型)

● FTDI社 のFT Prog をダウンロードし、Windows7までのパソコンにインストールします。
(※Windows8や10でもインストールはできますが、CANUSBが検出できないため使用不可)
https://www.ftdichip.com/Support/Utilities.htm#FT_Prog

● CANUSBをパソコンに接続し、FT Progを起動します。
※念の為、マウスやキーボード以外の、他のすべてのUSBデバイスは抜きます

● FT Progで[DEVICES] → [Sscan and Parse F5] → [FT EEPROM] → [USB Device Descriptor] を開きます。

● Vebder ID:0403、Product ID:FFA8 になっていることを確認します(既にProduct IDが6001ならこの後の作業は不要)。

● 「Product ID:6001 」に変更し、 [DEVICES] → [Program  Ctrl+P] を選択します。

● Vebder ID:0x0403、Product ID:0x6001 になっていることを確認し、 [Program] ボタンを押します。ウィンドウ左下のステータスがReady になったら書き込み完了です。

● [Close] ボタンを押してウィンドウを閉じ、FT Progを終了します。

● Windows10のパソコンにCANUSBを接続すると、Windows10標準のドライバでCANUSBが認識できます。このときCANUSBは、USBシリアル変換器として認識されます。
Windows10標準のドライバが認識できない場合は、FTDI社のサイトからD2XX Driversをダウンロードしてインストールします。

D2XX Direct Drivers
USB RS232 - FTDI designs and supplies USB semiconductor devices with Legacy support including royalty-free drivers. Application areas include USB RS232, ( USB S...

● CANUSB DLL 32bit版をインストールします。

諏訪通信ネットワークで公開している、みるCANやCANレーベルは、32bitソフトウェアです。Windows10 64bit版を使用している場合も、CANUSB DLL は 32bit版をインストールします。

http://www.can232.com/download/canusb_setup_win32_v_2_2.zip
【CANUSB】使い方まとめ
パソコンのUSBポートに接続しCANバスのデータを送受信できるLAWICEL社製のCAN to USBドングル「CANUSB」の使い方をまとめました。CANUSBは、パソコンのUSBポートに接続しCANバスのデータを送受信できる製品です。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました