【RDB】関係データベースとは

MicrosoftのAccessでデータベースを作る方法について入門者向けにまとめました。

関係データベース(RDB)とは

関係データベース(RDB)とは、データ1つをキー項目として、複数の表(テーブル)が関連づけられているデータベースです。
関係データベースの特徴は下記の通りです

関係データベースの特徴
1 主に中小規模向けのデータベースとして利用
2 データの結合や抽出が簡単にできる(関連付けて表を結合するため)
3 データが壊れにくい(目的のデータだけ抽出して表示するため)

関係データベース(RDB)の例

関係データベースの代表的として「Oracle」「PostgreSQL」「Microsoft Access」「Microsoft SQL」などがあります。

【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
情報処理の基礎知識(テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系)や資格試験についてまとめました。なお、情報処理技術者試験の出題分野別(テクノロジ系、マネージメント系、ストラテジ系)に各項目を整理しています。そのため、ITパスポート、基本情...
【Access2016/VBA入門】基礎的な使い方
MicrosoftのAccessでデータベースを作る方法について入門者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました