【試験対策】行政書士とは?出題範囲と項目について紹介

行政書士の独学勉強法と対策集についてまとめました。

【はじめに】行政書士とは

行政書士とは、行政書士法に基づく国家資格です。
行政(役所等)への提出書類及び権利義務・事実証明に関する書類作成、提出手続、行政書士が作成した官公署提出書類に関する行政不服申立て手続等の代理、作成に伴う相談などに応ずる専門職です。
弁護士・弁理士・司法書士・税理士・社会保険労務士・土地家屋調査士・海事代理士と共に職務上請求権が認められている8士業の1つです。

【民法】

種別 項目
はじめに 総則、制限行為能力者、意思表示と効力、代理、法定地上権、無権代理と表見代理、時効、不法行為等についてまとめました。
物権 物権の基本、動産の物権・占有権、担保物権、抵当権等についてまとめました。
債権 債権総論、債権譲渡、債務不履行、保証債務、連帯債務、責任財産の保全、弁済、相殺等についてまとめました。
契約 契約の種類、売買契約、賃貸借契約、委任契約、請負契約等についてまとめました。
親族・相続法 親族、親子、養子、相続等についてまとめました。

【商法・会社法】

商法とは、商事について規定した民法の特別法です。
会社法とは、会社の設立、組織、運営及び管理の一般について定めた日本の法律です。

種別 項目
商法 商法総則等についてまとめました。
会社法 会社の意義、設立、株主と株式、機関、資金調達、計算、組織再編等についてまとめました。

【基礎法学】

【一般知識】

参考文献・関連ページ
参考 独学お助け隊の行政書士講座岡野の合格無料ゼミ(行政書士講座)行政書士試験!合格道場憲法・民法・行政法と行政書士

コメント

タイトルとURLをコピーしました