【M5Stack】Arduino IDEで開発環境構築

M5Stackの開発環境をArduino IDEで構築する方法について入門者向けに紹介します。

【Windows10編】Arduino IDEのインストール~各種設定

M5Stackは、カラーディスプレイ、Wi-Fi、Bluetooth、microSDカードスロット、バッテリーなどを備えたコンパクトで便利なモジュールです。
(Arduinoよりも最初から色々と搭載されていて、コンパクトな感じです)
ESP32を搭載しているため、Arduino環境での開発もできます。
今回は、M5Stackの開発環境をArduino IDEで構築する手順を紹介してきます。

詳細(M5Stack全般についてはこちら)

【M5Stack入門】できること・使い方
M5Stackできること・使い方について入門者向けに紹介します。

動画解説版

本記事の内容は動画でも解説しています。

● Arduino IDEをPCにインストールします。

【Arduino】IDEのインストール&ダウンロード(Windows, MacOSX編)
Windows環境にArduino IDEのインストールとダウンロード方法について解説します。

● デバイスドライバを公式ページ(https://m5stack.com/pages/download)からダウンロードし、インストールします。
※お使いのPCの環境にあったものをクリックしてダウンロード

● ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。
Windowsの場合、中にあるインストーラのうち、お使いのWindowsのビット数に合わせて、ドライバをインストールします。

種別 操作
32ビット版Windows 「CP210xVCPInstaller_x86_vx.x.x.x.exe」をダブルクリックしてインストール
64ビット版Windows 「CP210xVCPInstaller_x64_vx.x.x.x.exe」をダブルクリックしてインストール

● M5StackをPCにUSB接続します。次に、デバイスマネージャを開き、CP210x USB to UART Bridgeのポート番号を確認します。
(下画像の例ではCOM7です。表示されない場合はパソコンを再起動します)

● Arduino IDEを起動します。
つぎに、メニューから[ファイル] -> [環境設定]と選択します。

● 追加のボードマネージャーに、「https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json」を設定します。

● メニューから[ツール] -> [ボード:~] -> [ボードマネージャ…]を選択します。

● ダイアログで「ESP32」と検索し、[Install]をクリックします。

● メニューから[スケッチ] -> [ライブラリのインクルード] -> [ライブラリの管理…]を選択します。

● ダイアログで「M5Stack」と検索し、「M5Stack by M5Stack」をインストールします。

これで環境構築作業は完了です。
M5Stackのサンプルプログラム(サンプルスケッチ)を実行し、動作確認をしてみます。

● M5StackをPCにUSB接続します。次に、デバイスマネージャを開き、CP210x USB to UART Bridgeのポート番号を確認します。

● メニューから[ツール] -> [ボード:~] -> [M5Stack-Core-ESP32]を選択します。

● メニューから[ツール] -> [シリアルポート]をクリックし、先程確認したCOMポートを選択します。(下画像はCOM7だった場合の例)

● メニューから[ツール]をクリックし、以下のように設定されていることを確認します。

項目 設定
ボード M5Stack-Core-ESP32
ボーレート(通信速度) 921600
COMポート ②で確認したCOMポート

● [ファイル] -> [スケッチ例] -> [M5Stack] -> [Basics] -> [HelloWorld]を選択します。

● [→]ボタンをクリックすると、コンパイルとM5Stackへの書き込みが始まるので終わるまで待ちます。
書き込みが終わると、M5StackのLCDに「Hello World!」と表示されます。

【Mac編】

補足

M1 Mac + macOS Big Sur + Arduino IDEの環境では、2021年1月時点ではそのまま書き込もうとするとエラーが発生します。その場合は以下記事の追加作業が必要になります。

【M5Stack】M1 Mac + macOS Big Surでプログラムを書き込む方法
M1 Mac + macOS Big Sur + Arduino IDEでM5Stackにプログラムを書き込む方法について紹介します。

● Arduino IDEをPCにインストールします(以下記事を参照)。

【Arduino】IDEのインストール&ダウンロード(Windows, MacOSX編)
Windows環境にArduino IDEのインストールとダウンロード方法について解説します。

● デバイスドライバを公式ページ(https://m5stack.com/pages/download)からダウンロードし、インストールします。

● ダウンロードしたZIPファイル(CP210x_VCP_MacOS.zip)を解凍します。
中にあるイメージファイル(SiLabsUSBDriverDisk.dmg)を実行して指示に従いドライバをインストールします。

● M5StackをPCにUSB接続します。次に、デバイスマネージャを開き、CP210x USB to UART Bridgeのポート番号を確認します。
(下画像の例ではCOM7です。表示されない場合はパソコンを再起動します)

● Arduino IDEを起動します。
つぎに、メニューから[ファイル] -> [環境設定]と選択します。

● 追加のボードマネージャーに、「https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json」を設定します。
※2021年1月現在では、1.0.4がリリース版の最新バージョンです。M1 Macをお使いの場合は1.0.5RC以上にする必要があるため「https://raw.githubusercontent.com/espressif/arduino-esp32/gh-pages/package_esp32_dev_index.json」を追加します。

● メニューから[ツール] -> [ボード:~] -> [ボードマネージャ…]を選択します。

● ダイアログで「ESP32」と検索し、[Install]をクリックします。

● メニューから[スケッチ] -> [ライブラリのインクルード] -> [ライブラリの管理…]を選択します。

● ダイアログで「M5Stack」と検索し、「M5Stack by M5Stack」をインストールします。

これで環境構築作業は完了です。
M5Stackのサンプルプログラム(サンプルスケッチ)を実行し、動作確認をしてみます。

● M5StackをPCにUSB接続します。次に、ターミナルを開いて以下のコマンドを実行し、ボードが接続されているシリアルポートを確認します。

$ ls -l /dev/tty.* 

● メニューから[ツール] -> [ボード:~] -> [M5Stack-Core-ESP32]を選択します。

● メニューから[ツール] -> [シリアルポート]をクリックし、先程確認したCOMポートを選択します。(下画像はCOM7だった場合の例)

● メニューから[ツール]をクリックし、以下のように設定されていることを確認します。

項目 設定
ボード M5Stack-Core-ESP32
ボーレート(通信速度) 921600
COMポート ②で確認したCOMポート

● [ファイル] -> [スケッチ例] -> [M5Stack] -> [Basics] -> [HelloWorld]を選択します。

● [→]ボタンをクリックすると、コンパイルとM5Stackへの書き込みが始まるので終わるまで待ちます。
書き込みが終わると、M5StackのLCDに「Hello World!」と表示されます。

【M5Stack入門】できること・使い方
M5Stackできること・使い方について入門者向けに紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました