【材料力学】せん断応力の計算方法・例題

材料力学におけるせん断応力の計算方法と例題についてまとめました。

せん断応力とは

応力とは、物体(固体)に外力が加えたときに「物体内部に生じる断面の単位面積あたりの抵抗力」のことです。
せん断応力とは、「外力が物体をずらすような方向」に加わったときに発生する応力です。
せん断応力は、物体を反時計方向に回転させる方向を正とします。

せん断応力の計算式

物体の断面積をA[mm^2]、外力をP[N]とするときせん断応力\tau [N/mm^2]は次式で計算できます。

(1) \begin{eqnarray*} \tau = \frac{P}{A} \end{eqnarray*}

計算例(例題)

物体の断面積が100[mm^2]、外力を100[N]のとき、圧縮応力\tau

(2) \begin{eqnarray*} \tau = \frac{P}{A}=\frac{100}{100}=1 \end{eqnarray*}

となります。

関連記事
1 【材料入門】アルゴリズムと例題集
関連記事