【VBA/マクロ】For文の使い方(繰り返し処理)

ExcelのVBA(マクロ)で、For文の使い方 (条件式など)について紹介します。

For文とは

For文は、同じ処理を繰り返しおこないます。

書式①

「処理」を変数が終了値になるまで繰り返します。

For 変数 = 初期値 To 終了値
    処理
Next

最初、変数には「初期値」が入ります。
処理が1回実行される毎に変数の値は1増えます。
このような変数を「カウント変数」ともいいます。

【例】
初期値1、終了値10なら「処理を10回」繰り返します。

書式②

カウント変数の「増減数を+1以外」にしたい場合は次のように記述します。

For 変数 = 初期値 To 終了値 Step 増減数
    処理
Next

サンプルコード①

サンプルプログラムのソースコードです。

例①

Sub test()

    For i = 1 To 10
        MsgBox i
    Next

End Sub

メッセージボックスが10回表示されます。
また、数字が1ずつ増えて表示されていきます。

例②

Sub test()

    For i = 1 To 10 Step 2
        MsgBox i
    Next

End Sub

メッセージボックスが4回表示されます。
増減数2なので、数字が2ずつ増えて表示されていきます。

関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門
関連記事