【システム工学】計画・評価・解析手法の種類

この記事では、システム工学における計画・評価手法の種類についてまとめました。

計画・評価・解析手法の種類

システム工学における計画・評価手法の種類を大まかに整理すると次のようになります。

内容
システムの計画・評価手法 システムの経済性を評価する手法、費用・便益を分析する手法、プロジェクトの計画管理の手法
統計的解析手法 確率分布をあてはめる手法、回帰分析する手法
システム解析の手法 システムの構造を明確化する手法
最適化手法 線形計画法、非線形計画法、動的計画法、遺伝的アルゴリズム
信頼性解析手法 システムの故障の原因やその影響度を解析する手法

応用例

例えば、システム工学の手法を介護の分野で応用しようと考えたとき、例えば以下の点を考慮する必要があります。

①身体的に不自由な人を対象とするための配慮が必要
・個別対応できること。(高さ調節できる車椅子)
・効率だけでなく、思いやり重視。(個人データベース蓄積)
・安全性重視。(介護する側にも負担がかからない)
・需要調査と運用評価重視(介護の情報フィードバック)
・統計データ処理でなく、きめ細かな配慮が必要。

②介護制度にも、高すぎないように経済性が必要<
・内容とコスト比に留意すること。
・介護の自動化が必要。

③皆にわかりやすいシステムにすることが重要

関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ

シェア&フォローお願いします!