【Python/NumPy】現在価値と将来価値を計算

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、現在価値から将来価値を計算する方法をソースコード付きで解説します。

現在価値から将来価値を計算

将来価値と現在価値の意味は以下の通りです。

説明
将来価値(Future Value, FV) いま持っている資産が、将来どのくらいの額にあたるのかを表すものです。
現在価値 いま持っている資産の現在時点での価値です。

Pythonモジュール「NumPy」では、numpy.fvメソッドで現在保有している金融資産の「将来価値」を計算できます。
要は「住宅ローン」や「投資」のシミュレーションに使えます。

書式

numpy.fv(rate, nper, pmt, pv, when='end')
パラメータ 説明
rate 利率
nper 複利計算期間数 (支払回数)
pmt 毎回の支払額
pv 現在価値
when 支払期日(endなら期末、startなら期首)

※現在価値は、例えば返済なら「借入金額」、貯蓄の場合は「積立済金額」が相当します。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

fv = np.fv(0.01/12, 5*12, -20000, -20000)

print(fv) # 1251005.95893

上記のサンプルでは

・年利1%(5年間)
・毎月2万円支払い
・現在価値2万円

の場合の将来価値を計算しています。

将来価値から現在価値を計算

書式

numpy.fv(rate, nper, pmt, fv, when='end')
パラメータ 説明
rate 利率
nper 複利計算期間数 (支払回数)
pmt 毎回の支払額
fv 将来価値
when 支払期日(endなら期末、startなら期首)

※将来価値は、返済の場合は「0」、貯金の場合は「積立目標額」を入れます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

fv = np.fv(0.01/12, 5*12, -20000, 2000000)

print(fv) # -872517.439782

上記のサンプルでは

・年利1%(5年間)
・毎月2万円支払い
・積み立て目標200万円

の場合の現在価値を計算しています。

関連記事
1 Python入門 基本文法
2 NumPy入門 サンプル集
関連記事