【電験3種とは】出題範囲と対策まとめ

電験三種とは?出題範囲と対策まとめについてまとめました。

【電験3種とは】出題範囲

電験3種(電気主任技術者試験 第三種)とは, 工場やビルなどの電気設備の保守・監督業務を行うための国家資格です。
試験では「理論」「電力」「機械」「法規」の4分野が出題されます.

分野 出題範囲 試験時間 問題数・配点
理論 電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測に関するもの 90分 A問題14問(各5点), B問題3問(選択問題含む 各10点)
電力 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料に関するもの 90分 A問題14問(各5点), B問題3問{各10点)
機械 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理に関するもの 90分 A問題14問(各5点), B問題3問(選択問題含む 各10点
法規 電気法規(保安に関するものに限る)及び電気施設管理に関するもの 65分 A問題10問(各6点), B問題3問(各13~14点)

【理論】電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測に関するもの

項目 概要
電気理論 直流回路電磁気交流回路三相交流過渡現象ラプラス変換共振現象理想変圧器が出題されます。
電子理論 半導体トランジスタ、FET、オペアンプ、電子運動、整流回路が出題されます。
電気計測及び電子計測 電流・電圧計分流器・倍率器AC・DCカップリングが出題されます。

【電力】発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路の設計及び運用並びに電気材料

項目 概要
発電所及び変電所の設計及び運転
送電線路及び配電線路の設計及び運用並びに電気材料 %Zと三相短絡電流
【電験3種】電力分野の頻出項目、攻略法、例題
電験3種における電力分野(発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料に関するもののポイントをまとめました。

【機械】電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理に関するもの

項目 概要
電気機器
パワーエレクトロニクス
電動機応用
照明
電熱
電気化学
電気加工
自動制御 ーー
メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理

【法規】電気法規(保安に関するものに限る)及び電気施設管理に関するもの

電気保安4法である「電気事業法」「電気工事士法」「電気工事業法」「電気用品安全法」と、「電気設備に関する技術基準を定める省令(電技)」「電気施設管理」が出題される。電気保安4法より電技は条数がダントツで多く, 出題傾向もバラツキが大きいため後回しにして、まずは電気保安4法と「電気施設管理」の計算問題を優先して抑えるのがおすすめ.

項目 概要
電気事業法 「電気事業」「電気工作物」の保安の確保について定められている法律です。その概要と目的, 電気事業と電気工作物の種別(特に事業用電気工作物は技術基準適合, 保安規程, 工事計画と自主検査あるため重要), 主任技術者(選解任や免状の種類など), 一般用電気工作物の調査義務, 立入検査, 電気関係報告規則(事故発生時のルール)についてまとめました.
電気用品安全法 電気用品による危険及び障害の発生の防止を目的とする法律です。約450品目の電気用品を対象として、製造、販売等を規制し、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進する枠組みとなっています。
電気工事士法 電気工事の作業に従事する者の資格及び義務を定め、もつて電気工事の欠陥による災害の発生の防止に寄与することを目的とした法令。
電気工事業法 電気工事業を営む者の登録、規制を行い電気保安を確保することを目的とした法令。
電気施設管理 負荷曲線、変圧器の損失、水力発電所」「高圧受電設備」について解説します。
電気設備に関する技術基準を定める省令 総則(1-19条)電気の供給のための電気設備の施設(20-55条)電気使用場所の施設(56-78条)主な計算問題(電技解釈)についてまとめました。
発電用太陽電池設備に関する技術基準を定める省令 発電用太陽電池設備の技術基準について定めたものです。
発電用風力設備に関する技術基準を定める省令 発電用風力設備の技術基準について定めたものです。
過去問サイト 電験王
【電験3種】法規分野の頻出項目、攻略法、例題
電験3種(法規)の試験対策・頻出ポイントについてをまとめました。
【電気・電子回路入門】基礎・アルゴリズム・公式集
電気・電子回路の基礎・アルゴリズム・公式集について入門者向けにまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました