【画像処理】ヒストグラムの原理・特徴

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、画像処理におけるヒストグラムの原理や計算式についてまとめました。

ヒストグラムとは

ヒストグラムとは、度数分布をグラフ化したものです。
画像処理におけるヒストグラムでは、横軸に画素値(階調値)、縦軸にその画素数を取ります。
つまり、「画像中に画素値が〇〇の画素は何個あるのか」を示します。

■画像とそのヒストグラム

※横軸は画素値(Pixel value)、縦軸は画素値(Number of pixels)

ヒストグラムの特徴

画像ヒストグラムは、その形状から画像の大まかな特徴を知ることができます。

形状 画像の状態
山が左寄り 暗い画像
山が右寄り 明るい画像
山が中央寄り コントラストが低い

山が右寄りということは、黒色(画素値0)に近い画素値が多いことになるため、暗い画像となります。
その逆だと明るい画像、中央寄りだとコントラストが低い(明暗の差が小さい)画像となります。
その例を以下に示します。

■暗い画像とそのヒストグラム

※ヒストグラムの山が全体的に左へ移動

■明るい画像とそのヒストグラム

※ヒストグラムの山が全体的に右へ移動

お借りした画像:プロ生ちゃん(暮井 慧)

【関連記事】
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!