決定木分析のアルゴリズム(分類・回帰・木構造)

決定木と呼ばれるデータ構造を用いて分類や回帰を行う学習手法をまとめました。

【DTWとは】動的時間伸縮法で2つの時系列データの類似度を調べる

決定木分析(Decision Tree Analysis)とは、決定木と呼ばれるデータ構造を用いて分類や回帰を行う学習手法です。
アルゴリズムがシンプルで、学習結果を可視化たり、事前にデータを正規化する手間を省けるといった利点があります。
決定木分析はCART法ともいいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました