【振動試験】条件の計算式(加速度、全振幅、周波数)

振動試験の条件「加振力」を計算する式についてまとめました。

【計算式】加速度の条件

振動試験において「全振幅A[mm]」「周波数f[Hz]」が与えられた時、必要となる「加速度[G]」は次式で計算できます。

(1) \begin{eqnarray*} \alpha = \frac{A\times 10^{-3}}{2}\times (2\pi f)^2 \times \frac{1}{9.8} \end{eqnarray*}

A:全振幅[mm]
f:周波数[Hz]
α:加速度[G]

※加速度の単位を[m/s^2]に変換したい場合、α[G]の値を9.8倍します。

【計算式】全振幅の条件

振動試験において「加速度[G]」「周波数f[Hz]」が与えられた時、必要となる「全振幅A[mm]」は次式で計算できます。

(2) \begin{eqnarray*} A = \alpha \times 2 \times 10^3 \times \frac{9.8}{(2\pi f)^2} \end{eqnarray*}

A:全振幅[mm]
f:周波数[Hz]
α:加速度[G]

※加速度の単位が[m/s^2]で計算したい場合、A[mm]の値を1/9.8倍します。

【計算式】周波数の条件

振動試験の「全振幅[mm]」「周波数[Hz]」が与えられた時、必要となる「加速度G]」は次式で計算できます。

(3) \begin{eqnarray*} f = \frac{1}{2\pi}\times \sqrt{\frac{\alpha \times 2 \times 10^3 \times 9.8}{A}} \end{eqnarray*}

A:全振幅[mm]
f:周波数[Hz]
α:加速度[G]

※加速度の単位が[m/s^2]で計算したい場合、fの値を\sqrt{1/9.8}倍します。

【振動試験】加振力の計算式

振動試験に必要となる加振力F[N]は次式で計算できます。

(4) \begin{eqnarray*} F = m \times \alpha \end{eqnarray*}

パラメータ 説明
F 加振力[N]
\alpha 加速度[m/s^2]
m 「治具」「試験体」「可動部」「補助テーブル」などの合計質量[kg]

参考:【振動試験】加振力の計算方法

計算機

参考ページ
1 振動試験電卓
2 耐震・振動試験 電卓
参考文献・関連ページ
参考 規格や固定方法がいろいろある地震対策通信機器に対する耐震評価基準に関する調査報告
1 【電池入門】基本原理・アルゴリズム
2 電気・電子回路入門
関連記事