【Python】音声・信号処理入門

Pythonを用いて、音声・信号の処理・解析を行う方法をソースコード付きで入門者向けに解説します。

Pythonとは

Pythonは欧米で人気なスクリプト言語です。
初心者にも扱いやすい言語で短くて読みやすいコードを書くことが出来ます。
ライブラリも豊富で、音声・信号処理をする場合にも有効な言語です。
本記事では、Pythonで音声・信号処理を行う方法を入門者向けに基礎から紹介します。

環境構築、基礎文法

まずはじめに、Pythonの「環境構築」「基礎文法」などについて以下に整理しました。

はじめに
Python環境構築 Windows環境・・・Python環境を構築する方法
■Linux環境(Ubuntu, Rasbian)・・・標準搭載されてるので環境構築不要
基礎文法 Python入門 基礎文法とサンプル集

音声・信号処理

音声・信号処理について以下に整理しました。

waveで音声・信号処理する場合
wave形式 読み込んで波形表示オーディオデバイス(マイク等)で録音
Pydubで音声・信号処理する場合
環境構築 Pydubのインストール
入出力 音声信号のグラフ化情報抽出ビットレート・フォーマットを変更して保存
変換 mp3⇔wav
編集 分割分割(無音箇所)連結・結合逆再生・リピートフェードイン・アウト
まとめ 【Python/pydub】音声ファイル処理
関連記事
1 Python入門 基本文法
2 【Pandas入門】データ分析のサンプル集
関連記事