【セル生産方式とは】メリット・デメリット

この記事では、セル生産方式の意味・種類・特徴(メリット・デメリット)について解説します。

セル生産方式とは

セル生産方式とは、製造業での生産方式の1つです。
1人や少数チームで製品の組み立てを行います。
上から見ると、作業者の周囲に「コ」の字型に作業台や部品が囲み、細胞のように見えることから「セル生産方式」と言われます。

セル生産方式のメリット・デメリット

セル生産方式のメリット・デメリットは以下の通りです。(ライン生産方式と比べた時)

説明
メリット 1人が担当する作業が多いので、多種類かつフレキシブルな生産が可能
デメリット 大量生産にあまり向いていない

関連記事

【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ

シェア&フォローお願いします!