【価格設定】市場価格追随法、コストプラス価格設定法、需要価格設定法、目標利益法の違い

価格設定方法である市場価格追随法、コストプラス価格設定法、需要価格設定法、目標利益法とは?その違いについてまとめました。

【価格設定方法】市場価格追随法、コストプラス価格設定法、需要価格設定法、目標利益法

経営戦略マネジメントにおける価格設定の手法として以下の4つがあります。

手法名 内容
市場価格追随法 業界平均・競合相手設定価格を参考にして、競争力のある価格を設定する手法。
コストプラス価格設定法 製品コストに一定の利幅を加える製品価格の設定方法。(製品価格=売上原価+間接費+利益)
需要価格設定法 買い手が認める品質・価格などを調査して訴求力のある価格を設定する手法。
目標利益法 目標販売量から総費用吸収後に一定の利益率を確保できる価格を設定する手法。
関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
雑学
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました