【ステンレス】SCSとSUSの違い・特徴

ステンレスにおける「SCS」と「SUS」の違いについてまとめました。

【ステンレス】SCS・SUSの違い

「SCS」と「SUS」は、原材料はほとんど同じですが、金属製品になるまでの工程が異なります。

種別 概要
SCS ●ステンレス鋳鋼(Steel Casting Stainless)の略。
●溶解して型に流し込む、ステンレスの鋳物。
SUS ●ステンレス鋼(Steel Use Stainless)の略。
●ステンレスが圧延されて板、棒、管状に加工。

【SCS】SCS13、SCS14

SCSの代表例にはSCS13、14があります。

種別 概要
SCS13 棒材のSUS304と成分が同じ。18-8ステンレス鋳鋼で後者はSCS13にMoを添加したステンレス鋳鋼になる。
SCS14 SUS316と成分が同じ。JIS規格では2番目の表示は規格または製品名を表示しております。
物質・化学
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました