DoMの原理・計算式・高速化

この記事では、DoM(Difference of Mean)の基本原理や計算式・特徴・例題についてまとめました。

DoMとは

DoM(Difference of Mean)は、DoG(Difference of Difference of)のガウシアンフィルタを平均値フィルタ(Mean filter)に置き換えたものです。
平均値フィルタは画素数の総和を求めるので、積分画像を用いた高速化が可能となります。
そのため、DoGと同じような処理を高速化して利用したい場合にDoMが用いられます。
【参考】積分画像の原理・計算式・高速化

計算方法

DoMでは、カーネスサイズが異なる2つのメディアンフィルタで処理した画像の差分を取ります。

実装例(プログラム)

実装例(プログラム)を以下にまとめました。

【関連記事】
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング

シェア&フォローお願いします!