【画像処理】標本化(サンプリング)の原理・仕組み

スポンサーリンク

この記事では、画像処理における標本化の原理や仕組みについてまとめました。

スポンサーリンク

標本化(サンプリング)とは

標本化とは、アナログ信号を時間軸上で離散化することです。
標本化を行う際、「有限の周波数帯域f[Hz]をもつ信号は、2f[Hz]以上の周波数で標本化」すれば情報量が失われません。
これを「標本化定理」といいます。
また、2f[Hz]以上の周波数のことを「サンプリング周波数」といいます。

画像処理における標本化

画像処理における標本化では、アナログ画像を離散化し、画素(ピクセル)の集合体に分けます。
標本化は、アナログ画像をデジタル画像に変換する際の作業工程の1つです。

アナログ画像・・・手描きのイラスト、アナログカメラの写真など
デジタル画像・・・パソコンで表示する画像、デジタルカメラの写真など

※下図は黒丸のイラストを8×8画素で標本化した例

【関連記事】
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!