【GIMP2入門】使い方まとめ

この記事では、無料の画像編集ソフトである「GIMP2」の使い方について入門者向けにまとめました。

GIMPとは

GIMP(ギンプ)は、無料なのに高性能で多機能な画像処理ソフトです。
画像のレイヤー操作やマスク処理、グラデーション加工、色調整、フィルタリング(ぼかし、強調、モザイク化、ノイズ除去、合成)など、様々な処理をおこなうことが出来ます。
また、フォトショップのデータファイル「.psd」も扱うことができ、フォトショップの代替ソフトとしてもよく名前が挙がるソフトです。

導入方法

GIMPのダウンロード&インストール方法については下記事にまとめています。
【GIMP】日本語版のダウンロード&インストール方法

基本操作

画面:マルチウィンドウ→シングルウィンドウに変更
画像の操作:画像の読み込み , 画像の編集例(輪郭抽出), 画像の保存

フィルター

GIMPのフィルター処理では、画像のノイズ除去(ぼかし)、輪郭部分の抽出、漫画化など色々なことができます。
その代表例を以下にまとめました。

■輪郭抽出用のフィルタ

概要 場所
ソーベル 「フィルター」→「輪郭抽出」→「ソーベル」
ラプラシアン 「フィルター」→「輪郭抽出」→「ラプラス」
ガウス差分 「フィルター」→「輪郭抽出」→「ガウス差分」
その他 「フィルター」→「輪郭抽出」→「輪郭抽出」→「アルゴリズム」「量」などを選択

■ぼかし用のフィルタ

概要 場所
ガウシアンフィルタ 「フィルター」→「ぼかし」→「ガウスぼかし」
平均値フィルタ 「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし」
モザイク 「フィルター」→「輪郭抽出」→「モザイク処理」

■強調用のフィルタ

概要 場所
アンチエイリアス(輪郭の平滑化) 「フィルター」→「強調」→「アンチエイリアス」
アンシャープマスク(ボケた画像の鮮明化) 「フィルター」→「強調」→「アンシャープマスク」
シャープ化(ボケた画像の鮮明化) 「フィルター」→「強調」→「シャープ」
ノイズ除去 「フィルター」→「輪郭抽出」→「強調」→「ノイズ除去」

■特殊効果用のフィルタ

概要 場所
油絵化 「フィルター」→「芸術的効果」→「油絵化」
漫画化 「フィルター」→「芸術的効果」→「漫画」
エンボス 「フィルター」→「変形」→「エンボス」

GIMPの色設定では、画像をカラーからモノクロに変換したり、明るさを調整して見やすくしたりできます。
その代表例を以下にまとめました。

■輪郭抽出用のフィルタ

概要 場所
脱色(カラー画像をモノクロ調に変換) 「色」→「脱色」
色の反転(ネガポジ反転) 「色」→「階調の反転」 or 「明度の反転」
ヒストグラム平均化(明るさ調整) 「色」→「自動補正」→「平滑化」
ホワイトバランス(明るさ調整) 「色」→「自動補正」→「ホワイトバランス」
濃度変換(明るさ調整) 「色」→「トーンカーブ」

【関連記事】
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング

シェア&フォローお願いします!