【逆フーリエ変換】計算式の原理・意味

この記事では、逆フーリエ変換(IFT)の公式と原理について入門者向けに紹介します。

逆フーリエ変換

逆フーリエ変換(Inverse fourier Transform)とは、信号を周波数領域から時間領域に変換する処理です。
つまり、フーリエ変換の逆変換です。

フーリエ変換の計算式

任意の周期信号の時間領域をf(t)、(角)周波数領域をF(w)とします。
このとき、逆フーリエ変換の式は次のようになります。

(1) \begin{eqnarray*} f(t)=\frac{1}{2\pi}\int^{\infty}_{-\infty} F(w)e^{-jwt}dw \end{eqnarray*}

wは各周波数、tは時間、eはネイピア数です。

参考記事

フーリエ変換の原理に関してはこちら
フーリエ変換の原理・意味
逆フーリエ変換の原理・意味
離散フーリエ変換の原理・意味
高速フーリエ変換の原理・意味
【フーリエ変換】サンプリング周波数とナイキスト周波数の関係性・違い

シェア&フォローお願いします!