【第二種電気工事士】実技試験のケーブル切断寸法の計算方法

第二種電気工事士の実技試験におけるケーブル切断寸法の計算方法についてまとめました。

【計算方法】ケーブル切断寸法

第二種電気工事士の実技試験では、問題用紙に記載されている寸法にしたがって完成品を作る必要があります。
そのためには、以下の表の値を覚えてケーブル類を切断する必要があります。

接続器具 接続器具の例・条件 加算寸法[mm]
露出器具
(ランプレセプタクル、引掛けシーリング、露出形コンセント、ブレーカー、端子台)
50
ジョイントボックス
(VVF用ジョイントボックス、アウトレットボックス)
100
埋込器具
(埋込連用タンブラスイッチ、埋込連用コンセント、埋込連用パイロットランプ)
100
わたり線(一般) 100
わたり線(黒線2本) 150

【計算例】ケーブルの切断寸法

①例えば、施工条件が以下の場合、ボックスと器具間の寸法が150mmならケーブルの切断寸法は350mm(=100+150+100mm)となります。
・VVF用ジョイントボックスでの接続(100)
・埋込連用タンブラスイッチが1つ(100)

-|関連ページ
–|–
1|■電気・電子回路入門
2|■【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました