【VBA】Wordファイルの操作【Excelマクロ】

ExcelのVBA(マクロ)で、文字列を処理する方法についてまとめました。

【はじめに】参照設定

ExcelのVBA(マクロ)で、Wordの組み込み定数を使うためには、まずは参照設定を行う必要があります。

① VBEのメニューから[ツール]→[参照設定]をクリックします。

②[参照設定-VBAProject]ダイアログの[参照可能なライブラリファイル]欄から、「Microsoft Word ○ Object Library」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。

関連記事
1 【VBA】「ユーザー定義型は定義されていません。」エラーの対処方法

【CreateObject】Wordファイルを開く

VBA(Excelマクロ)で、Wordファイルを開いて段落数、文数、単語数、文字数を調べます。
Word文書を開くには、DocumentsコレクションのOpenメソッドを使います。

Sub test()
    Dim path As String
    path = "C:\prog\vba\test.docx" ' 開くWordファイルのパス

    Dim wdApp As Word.Application
    Set wdApp = CreateObject("Word.Application") ' Wordアプリケーションのオブジェクトを生成
    wdApp.Visible = True

    Dim wdDoc As Word.Document
    Set wdDoc = wdApp.Documents.Open(path)
 
    With wdDoc
        Range("A2").Value = path
        Range("B2").Value = .Content.Information(wdNumberOfPagesInDocument) 'ページ数
        Range("C2").Value = .Words.Count '単語数
        Range("D2").Value = .Characters.Count '文字数
        Range("E2").Value = .Sentences.Count  '文数
        Range("F2").Value = .Paragraphs.Count '段落数
    End With
 
    wdApp.Visible = False ' Wordを閉じる
    Set wdApp = Nothing ' 破棄
 
End Sub
関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門
Excel/VBA
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました