シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Processing】直線を画面に引く (色・太さ設定)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Processing言語で画面(ウィンドウ)に直線を引く方法をソースコード付きで解説します。

直線の描画

Processingでは、line関数で画面(ウィンドウ)に直線を描画できます。

【書式】
line(x1,y1, x2, y2)

■引数
第1引数(x1):始点のx座標
第2引数(y1):始点のy座標
第3引数(x2):終点のx座標
第4引数(y2):終点のy座標

直線の色、幅(太さ)

stroke()関数、strokeWeight()関数で線の色、太さを変更することができます。

【書式】
stroke(r, g, b)

■引数
第1引数(r):赤色の大きさ
第2引数(g):緑色の大きさ
第3引数(b):青色の大きさ

【書式】
strokeWeigt(w)

第1引数(w):線の太さ[px]

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

【関連記事】
Processing入門 サンプル集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)