【確率】重複組み合わせ(計算式・例題)

この記事では、確率における重複組み合わせの計算式について解説します。

意味・計算式

組み合わせとは、n個からr個を「取り出ときの選び方の総数」のことです。
n個の異なるものから、”繰り返しを許して”r個とるときの組合せを「重複組み合わせ」といいます。

【計算】
重複組み合わせの総数は次式で計算できます。

(1) \begin{eqnarray*} \frac{n(n+1)\hdots (n+r-1)}{r!} \end{eqnarray*}

例題

準備中

【関連記事】
確率入門
統計入門
高校数学入門

シェア&フォローお願いします!