シェアする

【2次方程式】解の配置

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、2次方程式の解の配置などについて解説します。

解の配置

以下の2次方程式の解の場所について考えます。

(1) \begin{equation*} ax^2+bx+c=a(x+\frac{b}{2a})^2-\frac{b^2-4ac}{4a}=0 \end{equation*}

a>0のとき、D=b^2-4acとおくと

【パターン①】D>0, \frac{b}{2a}<0, c>0 の場合
2次方程式は「異なる2つの正の解」を持ちます。

【パターン②】D>0, \frac{b}{2a}>0, c>0 の場合
2次方程式は「異なる2つの負の解」を持ちます。

【パターン③】c<0 の場合
2次方程式は「正と負の解」を持ちます。

【関連記事】
高校数学入門

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)