【Kotlin】変数の宣言・初期化とデータ型一覧

このページでは、Kotlinにおける変数の宣言・初期化と扱えるデータ型についてサンプルコード付きで紹介します。

変数の宣言・初期化①(型推論を使う場合)

Kotlinで変数を宣言・初期化する際の最低限の書式は以下の通りです。

書式

var 変数名 = 値

Javascriptのように型を指定しなくても、与えた値に応じて自動的にデータ型を決定してくれます。(型推論あり)

データ型一覧表

Kotlinでは以下のデータ型が要されています。

型名 説明
Double 64ビット浮動小数点数
Float 32ビット浮動小数点数
Long 64ビット符号付き整数
Int 32ビット符号付き整数
Short 16ビット符号付き整数
Byte 8ビット符号付き整数
Char 1文字を表す文字型
Boolean 真偽値(trueまたはfalse)
String 文字列

サンプルコード

サンプルコードのソースコードです。

import java.util.*
 
fun main(args: Array<String>) {
   var x1 = 10    // 整数型
    var x2 = 10L   // Long型(後ろにLを付ける)
    var x3 = 10.0  // Double型
    var x4 = 10.0f // Float型
    var x5 = "10"  // 文字列型
    
    // 標準出力で確認
    println(x1) // 10
    println(x5) // 10  
}

変数の宣言・初期化②(型推論を使わない場合)

型推論に頼らず、データ型を指定したい場合は次のように記述します。

書式

var 変数名 : データ型 = 値

サンプルコード

サンプルコードのソースコードです。

import java.util.*
 
fun main(args: Array<String>) {
    var x1:Int    = 10    // Int型
    var x2:Long   = 10    // Long型(後ろにLを付ける)
    var x3:Double = 10.0  // Double型
    var x4:Float  = 10.0f // Float型
    var x5:String = "10"  // 文字列型
    
    // 標準出力で確認
    println(x1) // 10
    println(x5) // 10 
}

おすすめ記事

【Kotlin入門】基本文法とサンプル集

シェア&フォローお願いします!