【航空無線】専用の受信機なしでスマホやPCのみで楽しむ方法

専用の受信機なしでスマホやPCのみで航空無線を楽しむ方法についてまとめました。

LiveATC

https://flightradars24.info/ja/
https://www.liveatc.net/

エアバンド受信機などで、世界中の航空無線をスマホやPCブラウザから視聴できるアプリケーション。
日本の空港だけでなく米軍基地の航空無線も視聴可能。

●空港コードから目的の空港を検索する(地図から選択も可能、その場合は「LiveATC Feed Map」をタップ)。

空港名 3レター 4レター
羽田 HND RJTT

●「App/Dep」だと、アプローチとディパーチャーがまとめられてる。緑の『LISTEN』をタップ。

●再生ボタンを押すと視聴できる。

フライトレーダー24

多くの航空機に搭載されているADS-B(自動位置情報伝送・監視装置)が自身の機体情報を地上の管制システムや他の航空機に発信しています。
フライトレーダー24は、このADS-Bから送られてくるデータを受信し、集約したものです。

基本操作

●検索窓でコールサイン(JA〇〇Jみたいな機番)を入力します。

●該当する機番の飛行機が表示されたら「LIVE」をタップ。すると現在の飛行状態が表示される。

・航空機をタップすると、その飛行機の位置、航空会社、便名、出発空港、目的地、飛行時間、機種、レジ、速度、高度、飛行の航跡など
・空港をタップするとその空港の到着・出発ボードや、天気、風向きなどがわかる
・アプリで空を飛んでいる飛行機に向けてスマホをかざすとその飛行機のフライト情報を表示できる

用語

用語 担当
デリバリー スポットにいる飛行機に対して飛行計画を承認)
グランド 地上走行する飛行機
タワー 滑走路の離着陸、横断
ディパーチャー 離陸した飛行機に対してコントロールに引き継ぐまで
アプローチ 着陸する飛行機に対してタワーに引き継ぐまで
コントロール 空港から離れた高空を飛ぶ飛行機
ATIS 飛行場の情報提供
【無線工学入門】基本原理、仕組み、国家資格と主な操作範囲
無線工学の基本原理、仕組み、国家資格と主な操作範囲についてをまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました