【Dart入門】基礎文法とサンプルコード集

Dartの基礎文法とサンプルコードについて入門者向けにまとめました。

【Dartとは】開発環境の構築

Dart(ダート)とは、Googleが開発したWebアプリケーション開発向けのオブジェクト指向型プログラミング言語です。
2011年に発表され、当初は「Dash」と呼ばれていました。
近年は、Flutterと呼ばれる「AndroidとiPhoneのアプリ開発を行えるフレームワークのプログラミング言語」としてDartが注目されています。

【超入門】基礎文法

記事URL 概要
基本構造 プログラムの基本構造(main関数)と標準出力について解説します。
変数のデータ型 変数のデータ型の種類・代入・参照について解説します。
制御構文 for文、while文、if文の使い方について解説します。
関数 関数の定義、引数、名前付き引数、デフォルト引数について解説します。
Collections、lists、maps、queues、sets Collections、lists、maps、queues、setsの使い方について解説します。
非同期処理 非同期処理の実装方法(Future/async/await)について解説します。
ファイル処理 ファイルの読み書き操作(text、csvなど)について解説します。

【応用】ファイル処理、アプリ作成、参考文献

記事URL 概要
西暦、和暦、年齢、干支の相互変換 西暦、和暦、年齢、干支の相互変換を行います。
Flutter発 Flutter+DartでiOS、Android、Windowsアプリを作成します。
パッケージ公開 自作パッケージをpub.devに公開する方法を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました