【Python/Flask】Webアプリ・サイトの作成入門

Python用Webフレームワーク「Flask」の使い方について入門者向けにまとめました。

【Flaskとは】特徴

Flask(読み方:フラスク/フラスコ)とは、Pythonで実装されたWebフレームワークです。
Webフレームワークとは、WebサイトやWebアプリを作るための機能を提供したものです。
つまり、PythonとFlaskを使うことで、WebサイトやWebアプリを作成することができます。

Python向けのWebフレームワークとしては、「Djnago(ジャンゴ)」が最も人気で、その次くらいにFlaskが人気です。
FlaskはDjangoに比べて使い方が簡単であるため、初めてWebフレームワークを使う場合や、中小規模なWebサイトやWebアプリを作成するのに向いています。

Flaskの特徴をまとめると下記のとおりです。

Flaskの主な特徴
1 Pythonで実装されている。
2 Webフレームワークの中でも軽量で簡単(学習コストが低い)。
3 小規模・中規模なWebアプリケーション向き。

動画解説

本ページの内容は以下動画でも解説しています。

インストール

pipコマンドでインストールできます。

pip install flask

【入門編】 基礎的な使い方

記事URL 概要
インストール方法 flaskのインストール方法を解説します。
テンプレートエンジン Flaskには、Jinja2というテンプレートエンジンが標準搭載されています。このテンプレートエンジンの使い方を解説します。
POST/GETメソッド POST/GETメソッドを使ってクライアントとサーバーのデータの受け渡しを行います。
ToDOアプリ ToDOアプリを使ってDBにデータを保存したり読み出す方法を解説します。
画像処理アプリ OpenCVとFlaskで画像処理アプリを作成します。
Herokuでデプロイ 作成したWebアプリケーションをHerokuで手軽にデプロイしてオンラインで公開する方法を解説します。
アップロード クライアント側から様々な形式のファイル(画像、テキストなど)をアップロードし、サーバー側で受け取ります。
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました