【C言語】abs関数(絶対値)の使い方

スポンサーリンク

この記事では、C言語の標準ライブラリ「math.h」にあるabs関数(絶対値)の使い方について解説します。

スポンサーリンク

関数の使い方

C言語の標準ライブラリ「stdlib.h」には、絶対値を計算するabs関数があります。
今回はこれを使ってみます。

【書式】

y = abs(x);

引数xに整数値を代入します。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
  
int main(void)
{
  int x = -5;
  int y;
  
  y = abs(x);         // xの絶対値を計算
  
  printf("y=%d", y);  // 計算結果の表示
  
  return 0;
}

実行結果

実行結果は下記の通りです。

y=5

-5の値が「5」になったので絶対値が正しく求められたことがわかります。

【関連記事】
C言語で数値計算処理
C言語入門 (サンプルプログラム集)

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!

コメント

  1. 通りすがり より:

    abs関数はmath.hではなく、stdlib.hです。
    実行結果も(intで%dを指定しているのに小数表示になっているのが)おかしい。
    おそらくfabs関数(こちらはmath.hでdouble)と勘違いされていると思います。

    • prog より:

      ※ 通りすがり 様
      コメントありがとうございます。
      ご指摘いただいた箇所は修正しました。

      本当に助かりました。重ねてお礼申し上げます。