【Java】メソッドの定義・呼び出し

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Javaでメソッドの定義と呼び出し方法についてソースコード付きで紹介します。

メソッドの定義・呼び出し

メソッド(method)とは、クラスが持つ関数のことです。
メソッドには操作・処理の内容を記述します。

Javaでは、以下のようにしてクラス文内にメソッドを定義します。

【書式】
フィールド修飾子 型 メソッド名(引数)
{
処理内容
}

メソッドの呼び出し方は以下の通りです。

【書式】
インスタンス名.メソッド名(引数)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

【補足】
上記の例では「this.name」「this.type」はTypeFubukiクラス内で定義されたインスタンス変数「name」「type」を表します。
このように、「this.」が付いた変数は、 インスタンス自身を格納する変数となります。
「this.」が付いていない「name」「type」 は、コンストラクターの引数として定義された変数です。

【関連記事】
Java入門 サンプル集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!