【Javascript】別のウィンドウで開く (バー・サイズ・位置設定など)

この記事では、Javascriptでサイズ、位置、各種バーの表示/非表示を指定して別のウィンドウ(画面)で開く方法について紹介します。

サイズと位置を指定

Javascriptではwindow.openでサ別のウィンドウ(画面)で開く処理を実装できます。

【書式】
window.open(‘URL’,’ウィンドウ名’, オプション)

・指定したURLのページをウィンドウ名で開きます。

【オプション】
・width:ウィンドウの横幅[px]
・height:ウィンドウの縦幅[px]
・top:画面上からの距離[px]
・left:画面左からの距離[px]
・scrollbars:スクロールバーの表示・非表示(yes, no)
・toolbar:ツールバーの表示・非表示(yes, no)
・menubar:メニューバーの表示・非表示(yes, no)
・status:ステータスバーの表示・非表示(yes, no)
・directories:ディレクトリバーの表示・非表示(yes, no)
・resizable:ウィンドウサイズ変更の許可・不許可(yes, no)

※yesで許可, noで不許可

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。
【HTML側(index.html)】

【Javascript側(main.js)】

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。
「実行ボタン」を押すとURLのページを新しいウィンドウで開きます。

【関連記事】
Javascript入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!