Jupyter Notebookの使い方 (Windows、Linux)

この記事では、Windows、LinuxでJupyter Notebookによりプログラミングする方法をソースコード付きで解説します。

Jupyter Notebookとは

Jupyter Notebookとは、Webブラウザ上で動作するプログラムの対話型の実行環境です。
プログラムの実行、実行結果やメモの記録ができ、それらのデータを共有することもできます。

Jupyter Notebookの使い方

①「jupyter notebook.exe」をダブルクリックして起動します。
※コマンドプロンプトで「jupyter notebook」を実行することでも起動できます。

②しばらくすると、デフォルトのブラウザでJupyter Notebookの画面が表示されます。
画面右上の「New」→「Python 3」と選択すると、Python3の新しいノートブックを作成できます。

③ ln []: というセルの中にプログラムのソースコードを記述します。
セルを選択して「▶」ボタンを押すことで実行できます。(「Shift」+「Enter」キーでも実行可能)

④セルを選択してから「Code」を「Markdown」に変更すると、そのセルにMarkdown記述でメモを残すことができます。


⑤その他の主な昨日は次の通りです。

内容
保存
新しいセルの追加
セルの切り取り
セルのコピー
セルの貼り付け
セルの実行
実行停止
セルの書式

また、「Fille」→「Download As」からJSON形式、HTML形式、Latex形式など様々なファイル形式でノートブックを保存できます。

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!