シェアする

Jupyter Notebookの使い方 (Windows、Linux)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Windows、LinuxでJupyter Notebookによりプログラミングする方法をソースコード付きで解説します。

Jupyter Notebook

Jupyter Notebookとは、オープンソースで開発されているブラウザ上でプログラミングができる環境です。
無料でインストールできます。
インストールせずにサイトにアクセスするだけで使用できる「Try Jupyter」もあります。

【詳細】Try Jupyterの使い方
※すぐに始めたい、インストールが面倒くさい、導入で詰まって萎えた人におすすめです

Jupyter Notebookのインストール

Jupyter Notebookは、「WinPython」「Anaconda」などのPythonパッケージに付属しています。
それらのいずれかをインストールすればJupyter NotebookでPythonプログラミングが出来ます。

Anacondaのインストール方法
WinPythonのインストール方法

※既存のPython環境にJupyter Notebookをインストールしたい場合は、pipのコマンド「pip install jupyter」で可能です。

Jupyter Notebookの使い方

①Jupyter Notebookの起動

【Windowsの場合】
(a)Pythonパッケージで導入した場合
「jupyter notebook.exe」をダブルクリックしてしばらく待機します。

(b)通常のPython環境にインストールした場合
コマンドプロンプトに「jupyter notebook」を入力します。

【Linuxの場合】
ターミナルで「jupyter notebook」を入力します。

②デフォルトのブラウザでJupyter Notebookの画面が表示されます。

③画面右上の「New」→「Python 3」と選択します。

④Python3のノートブックが作成されます。
(他の言語で作成したい場合も同様に行います。)

⑤ ln []: というセルの中にプログラムのソースコードを記述します。
(例) print(“hello”)

⑥セルを選択して「Shift」+「Enter」キーを押せばプログラムを実行できます。
※「▶」ボタンを押すことでも実行できます

⑦メニューで「Insert」→「Insert Cell Above (Below)」と選択すると新しいセルを追加できます。
※起動コマンドを入力したディレクトリ以下にノートブックが作成されます

基本的な使い方は以上です。

【おすすめ関連記事】
Python入門 基本文法
NumPy入門 サンプルプログラム集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)