【Kotlin】関数(fun)の使い方

Kotlinにおける関数(fun)の使い方についてサンプルコード付きでまとめました。

【はじめに】関数・引数とは

関数とは、「処理のまとまり」のことです。
プログラムの規模が大きくなるほど、関数で処理を分けて記述した方が、効率的で分かりやすいコードを書くことができます。
中学数学や高校数学でも「1次関数」「2次関数」が出てきましたが、プログラムでも考え方はほとんど同じです。

例えば、次のような1次関数について考えます。
\begin{eqnarray}
f(x)=2x+1
\end{eqnarray}
このとき、$f(x)$を関数、$x$を変数といいます。
この関数は、「変数xを2倍して1を加える処理をまとめたもの」と言えます。
一度そのような関数を定義しておけば
\begin{eqnarray}
f(0)=1\\
f(1)=3\\
f(2)=5
\end{eqnarray}

という風に処理を簡潔に記述できます。
プログラムの世界では、変数xのことを「引数」といいます。

【Kotlin】関数の定義

Kotlinでは、以下のように関数を定義します。

fun 関数名(変数名 : 変数のデータ型) : 戻り値のデータ型 {
    処理
    return 戻り値
}

Javaの関数と比較して「クラスに属する必要がない」「変数の型宣言が不要」という違いがあります。

サンプルコード

サンプロプログラムのソースコードです。

fun main(args: Array) {
    val x = 20
    val y = 10
    
    // 関数の呼び出し
    val z = sum(x, y)

    println("x + y = $z") // x + y = 30
}

fun sum(x: Int, y: Int): Int{
    return x + y
}
関連記事
1 【Kotlin入門】使い方、アプリ開発、サンプル集
Kotlin
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました