【Mac】「MAMP」でPHP開発環境をインストールしてパスを通す方法

「MAMP」でPHP開発環境をMacにインストールし、パスを通す方法についてまとめました。

スポンサーリンク

MAMPとは

MAMPは、Mac環境においてPHP言語でWeb開発を行う環境を簡単にインストール・実行できるソフトウェアパッケージです。
Mは「Macintosh」、Aは「Apache」、Mは「MySQL」、Pは「PHP」の頭文字をとったもので、その名のとおり、「Apache」「MySQL」「PHP」がパッケージに含まれています。

MAMPの主な特徴

  • Mac専用のソフトウェアパッケージ
  • 「Apache」「MySQL」「PHP」のローカル開発環境を簡単にインストールして設定・実行可能
  • 異なるPHPバージョンの切り替えが簡単
  • Visual Studio Codeなどの人気コードエディタとの統合
  • 1台のMacで複数のWebサイトを作成し、テスト可能
スポンサーリンク

MAMPのインストール方法

公式サイト「https://www.mamp.info/en/downloads/」を開きます。

Mチップ(Armチップ)かIntelチップかでパッケージが異なりますので、チップに合わせてパッケージを選んでダウンロードします。

ダウンロードしたMAMPインストーラーパッケージ(MAMP_MAMP_PRO_X.X-M1-arm.pkg)を開き、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールします。

「続ける」をクリックします。

「続ける」をクリックします。

「続ける」をクリックします。

「同意する」をクリックします。

「インストール」をクリックします。

「閉じる」をクリックします。

インストールが完了すると、アプリケーションフォルダに「MAMP Pro」アイコンと「MAMP」フォルダが追加されます。

MAMPフォルダ内にある「MAMP.app」を開きます。

「MAMP」の起動アイコンをクリックし、「Start」ボタンをクリックすると、ApacheとMySQLのサーバーが起動します。

起動が完了すると、自動でウェブブラウザが「http://localhost:8888」にアクセスし、MAMPのスタートページを開きます。

スポンサーリンク

phpファイルの実行

「MAMP」でApacheとMySQLのサーバーを起動させます。

「/Applications/MAMP/htdocs/」ディレクトリ内に以下の内容が書かれた「test.php」を保存します。
テキストエディタで以下を入力し、ファイル名helloworld.phpで保存

test.php
<?php
echo "こんにちは";

「http://localhost:8888/test.php」にアクセスすると、「こんにちは」と表示されます。
「/Applications/MAMP/htdocs/test.php」を以下の内容に書き換え、再び「http://localhost:8888/test.php」にアクセスすると、「ただいま」と表示されます。

test.php
<?php
echo "ただいま";
スポンサーリンク

MAMP内のPHPにパスを通す

MAMP内のPHPをターミナルから使用するために、環境変数PATHにパスを追加します。対してパスを通す方法を説明します。

zshを使っている場合、「~/.zshrc」に以下を追記します。

export PATH=/Applications/MAMP/bin/php/phpX.X.XX/bin:$PATH

※「X.X.XX」はご自身がインストールされたMAMPを確認して適宜変更してください。
※「/Applications/MAMP/bin/php/」ディレクトリ以下にインストールされているPHPのバージョン毎のフォルダがあります。

以下のようにターミナルで「php -v」を実行し、PHPのバージョンが表示されたら成功です。

$ php -v
PHP 8.2.0 (cli) (built: Dec  8 2022 17:48:05) (NTS)
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.2.0, Copyright (c) Zend Technologies
スポンサーリンク

関連記事

【PHP入門】基礎文法とサンプルコード集
PHPの基本文法やサンプルプログラムを入門者向けに解説しています。
PHP
スポンサーリンク
西住工房

コメント