【ラズベリーパイ】パソコンとシリアル通信(Python編)

この記事では、ラズベリーパイとパソコンをシリアル通信させる方法をソースコード(Python)付きで解説します。

気温を表示

シリアル通信を使うと、USB経由でラズベリーパイとパソコンの間でデータをやり取りできます。
今回は、パソコンを受信側、ラズベリーパイ側を送信側としてPythonでシリアル通信を実装しました。

尚、ラズベリーパイ3で始めてシリアル通信する際は、以下の操作①②を行う必要があります。
【ラズベリーパイ3】シリアル通信を有効化する方法
【ラズベリーパイ3】dmesgコマンドでArduinoのUSBシリアルポートを確認

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

ラズベリーパイ側

# -*- coding: utf-8 -*-
import serial
import time

ser = serial.Serial('/dev/ttyACM0', 9600)
while(i != 100):
    ser.write(b'10\n')
    time.sleep(1)

ser.close()

パソコン側

Python3で実装しています。

# -*- coding: utf-8 -*-
import serial

def main():
    i = 0
    ser = serial.Serial("COM5")  # Arduinoが接続されているコムポートを指定
    
    while(i != 100):
        line = ser.readline()   # 行終端まで読み込む
        data = line.rstrip()    # 行終端コード削除
        print(data)   
        i+=1

    ser.close()
    print("End")

if __name__ == '__main__':
    main()

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

おすすめ記事

Arduino入門 サンプル集
Python入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!